花粉症とは

花粉症とは

花粉症花粉症とは、アレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎を主とするⅠ型アレルギーの典型的な疾患です。

スギ花粉症は増加傾向をたどっており、現在、日本国民の約26%(約4分の1)に認められ、現代の国民病とも言われています。スギ花粉症は生活の質(QOL)の低下に大きく関わっています。

スギ(2~4月)以外では、ヒノキ(4~5月)、イネ科(6~8月)のカモガヤ、オオアワガエリ、キク科(8~10月)のヨモギ、ブタクサが多く、他にシラカバ、オオバヤシャブシなど局地的に認められる花粉症もあります。

花粉症の診療ガイドラインは、日本では「鼻アレルギー診療ガイドライン~通年性鼻炎と花粉症~(2013年版)」が広く用いられています。

花粉症の治療法は、対症療法である薬物療法が主流であり、自然に治りにくく、いったん発症すると毎春症状などに悩まされることが、患者さんの治療満足度が低い理由のひとつになっています。

花粉症の発症について少し専門的言えば、病態としては局所(鼻の粘膜、目の結膜、皮膚など)で抗原認識されたアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して、免疫細胞(リンパ球であるT細胞やB細胞)の反応により抗原特異的IgEが産生されます。これを「感作」と言います。

アレルゲンが再び鼻粘膜に侵入し、免疫細胞上(マスト細胞上)の抗原抗体反応を一次反応にして、メディエーター、サイトカインなどが鼻粘膜中に増加することから病気が始まります。

メディエーターはそれぞれの受容体と結合し、一部はその神経反射によりそれぞれの症状を決定します。

また、サイトカインは鼻粘膜中の遊走細胞をコントロールし、その細胞の特異性に応じて症状を発現します。

つまり、原因となる何らかのアレルゲンによって毎年引き起こされるのが花粉症です。

花粉症の自然治癒はごくわずかであることが報告されています。

治癒の可能性があるのは、アレルゲン免疫療法(皮下免疫療法・舌下免疫療法)のみであり、他の対症療法では毎年治療が必要になります。

また、花粉症の症状は飛散花粉の量により強くなったり弱くなったりします。

花粉飛散予測は確実ではないため、毎年治療予定を立てて実行すると、前年に比べて症状が悪化することは少なくなります。
 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog