花粉症の症状

花粉症とは

症状は多様であり、くしゃみ、鼻水(鼻汁)、鼻づまり(鼻閉)、目のかゆみ、目の周りや結膜の発赤、涙が流れる(流涙)、襟足や顔面の赤み、かゆみ・腫れなどの皮膚症状、頭痛・微熱・倦怠感などの全身症状などが生じます。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、が花粉症の3大症状です。

 

特に目や鼻の症状は多かれ少なかれ必発です。

 

花粉症の診断で最も重要なのはアレルギー性鼻炎全般と同様に「問診」です。

 

診断の候補として、かぜによる鼻炎、血管運動性鼻炎、好酸球増多性鼻炎、などを考える必要があります。

 

2月から5月という季節から、かぜと判別がつきにくいという点に注意が必要です。

  かぜ 花粉症
くしゃみ 続けて出るが1週間ほどでおさまる 程度がひどく、花粉飛散中に繰り返す
鼻水 はじめ漿液で、次いで粘膿液に変化する 水性の漿液が多く、透明な粘液もある
鼻づまり 一時的にある 花粉飛散ピークになると繰り返す
目のかゆみ ほとんどない 通常、かゆみ、流涙を伴う

 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog