貧血の症状

貧血の症状

慢性貧血の場合、ヘモグロビン濃度が8~9g/dLまでは症状が無い場合があります。

 

軽度から中等度の貧血では、普段は自覚症状がなく、激しい運動時のみに息切れや倦怠感を認める場合が多くなります。

 

7g/dL以下の場合、頭痛、耳鳴り、めまい、心雑音、倦怠感、動悸などを認めるようになります。

 

6g/dL以下の場合、心不全症状を認めるようになります(息苦しい、胸部圧迫感など)。

 

鉄、ビタミンB12、葉酸が不足している場合は治療方法が確立しています。

 

それ以外の貧血で7g/dL以下になった場合は輸血を考慮します。

 

心臓や肺に関連する症状は

 

  • 倦怠感(だるい)
  • 易疲労感(疲れやすい)
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 頭痛
  • 脚のむくみ(浮腫)
  • 狭心症発作
  • 胸骨左縁の収縮期心雑音

 

貧血の際には皮膚への血流量が低下するため、顔面蒼白となります。

 

眼瞼結膜、口腔粘膜、爪の色調や変化も確認します。

 

口角炎も生じやすくなります。

 

神経や筋肉に関連する症状は

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 意識消失
  • 集中力の欠如
  • 傾眠(眠りやすくなる)
  • 不穏(落ち着きがなくなる)
  • 筋力低下

 

鉄欠乏性貧血の場合は、氷や土が無性に食べたくなる「異食症」を認める場合があります。

 

鉄欠乏性貧血の場合は、スプーン爪・舌炎・口角炎が特徴的です。

 

ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血では、舌炎を含む消化器症状や神経症状を認めます。

 

溶血性貧血では、脾臓の腫大や黄疸を認める場合があります。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog