貧血のない鉄欠乏の治療

貧血のない鉄欠乏の治療

貧血のない鉄欠乏とは、ヘモグロビン濃度12g/dL以上、フェリチン12ng/mL未満の状態を言います。

 

貧血のない鉄欠乏に対しては食事療法を行います。

 

食品に含まれる鉄分には、肉や魚に含まれる2価のヘム鉄と、野菜や穀類に含まれる3価の非ヘム鉄の2種類があります。

 

吸収率は、ヘム鉄が10~20%に対して、非ヘム鉄が1~8%です。

 

3価の非ヘム鉄はビタミンCや胃酸によって2価に還元され吸収されるので、柑橘類の併用や香辛料などによる胃酸分泌が効果的です。

鉄分の多い食物
鉄分の多いものは以下の通りです。

 

  • レバー
  • 赤身の魚
  • カキ
  • アサリ
  • 海藻
  • 小松菜
  • サラダ菜
  • バジル
  • 梅干し
  • ニラ
  • パセリ
  • ピーナッツ
  • アプリコット
  • プラム
  • レーズン

 

前述したように、食品に含まれる鉄は3価鉄という形で存在しており、体に吸収するには還元して2価鉄にする必要があります。

 

この還元作用をもつのが、ビタミンCやブドウ糖です。

 

クエン酸にも鉄を吸収されやすい形に変える作用があります。

 

一緒に食べるとよいものの例を挙げると、レモン(ビタミンCとクエン酸を含む)、ご飯(ブドウ糖を含む)、酢です。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog