溶血性貧血

貧血のない鉄欠乏の治療

赤血球はつくられてから時間が経つと、網内系に取り込まれて破壊されます。

 

溶血性貧血は、赤血球の破壊の亢進による貧血です。

 

その原因は

 

  • 網内系の赤血球の取り込み増加(血管外溶血)
  • 循環血液中での破壊亢進(血管内溶血)

 

その結果、赤血球の寿命は120日間であるところが、100日以下に短縮しています。

 

溶血性貧血には様々な原因による疾患ですが、半数は自己免疫性溶血性貧血であり、1/4は発作性夜間ヘモグロビン尿症であり、17%が先天性溶血性貧血(大部分が遺伝性球状赤血球症)となっています。

 

それでは、溶血性貧血の診断について、具体的にみていきます。

 

網状赤血球の増加がある貧血には、出血による貧血と溶血性貧血の場合があります。

 

溶血性貧血は以下によって診断します。

 

  • ヘモグロビン濃度低下
  • 網状赤血球の増加
  • 間接ビリルビン高値
  • LDH高値
  • ハプトグロビン低値

 

溶血性貧血と診断された場合、以下の疾患等が鑑別に挙がります。

 

  • 自己免疫性溶血性貧血
  • 遺伝性球状赤血球症
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症
  • G6PD欠損症

 

これらの鑑別と確定診断には専門的検査が必要になるため、当院では溶血性貧血と診断した場合は、血液内科専門医がいる医療機関に紹介しています。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog