ブログ

2019.01.31更新

当院の院長は日本ヘリコバクター学会の認定医です。
当院ではさまざまなパターンのピロリ除菌療法に対応しています。


1) 何らかの胃の症状がある。
2) 健診や人間ドックでピロリ菌陽性であると指摘された。
3) 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けて慢性胃炎(萎縮性胃炎)を指摘された。
4) 健診や人間ドックでピロリ菌陽性を指摘されて、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で慢性胃炎(萎縮性胃炎)を指摘された。
5) 健診や人間ドックのバリウム検査で慢性胃炎を指摘された。
6) 家族がピロリ菌陽性だったので心配である。
7) ABC分類検査(胃がんリスク検査)でB群、もしくはC群であると指摘された。


代表的なのはこれらのパターンであると思います。
当院では上記のいずれのパターンにも対応しています。
「胃カメラは受けたくないが、ピロリ菌の検査を受けたい」という方は、血液検査で調べることもできます。


ピロリ菌は胃がんのリスク因子です。
ピロリ菌陽性であると判断された場合は、早めにピロリ除菌療法を受けることをおすすめします。

投稿者: 天神橋みやたけクリニック

2019.01.05更新

当院で行っているB型肝炎の検査項目は以下の通りです。

AST

ALT

γ-GTP

ALP

LDH

T-Bil(総ビリルビン)

D-Bil(直接ビリルビン)

I-Bil (関節ビリルビン)

TP(総蛋白)

Alb(アルブミン)

ChE(コリンエステラーゼ)

HBV DNA(核酸定量:B型肝炎ウイルス量)→必要に応じて

HBs抗原 →年1-2回

HBe抗原 →年1-2回

HBe抗体 →年1-2回

AFP(肝癌の腫瘍マーカー)→必要に応じて

PIVKA-II(肝癌の腫瘍マーカー)→必要に応じて

腹部エコー(腹部超音波検査)→年2回

これらの検査項目を確認して、B型肝炎の病状を評価しています。

投稿者: 天神橋みやたけクリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog