高濃度ビタミンC点滴の禁忌

高濃度ビタミンC点滴の禁忌

下記に該当する方は、高濃度ビタミンC点滴を受けることができませんのでご注意ください。

① G6PD欠損症

赤血球にあるグルコース6リン酸脱水素酵素(G6PD)という酵素が欠損していると、ビタミンCが作る過酸化水素により赤血球の膜が壊れてしまう「溶血」という減少が起こり、貧血になります。

 

初めての患者様は必ず一度この酵素を持っているかどうかの検査を受けていただく必要があります。他のクリニックですでに検査を済まされている場合は、検査データをご持参ください。

② 高度の心不全

ビタミンCの点滴は濃度が高く、心臓に多少の負担がかかります。

③ 腎不全

高度の腎機能低下、透析をされている患者様は治療を受けていただくことができません。これはビタミンC点滴によって腎臓に急速にシュウ酸がたまり、さらに腎機能を低下させることがあるからです。

④ 胸水および腹水が大量にある場合

高濃度ビタミンC点滴による水分量の負荷により、体内の胸水や腹水がより悪化する可能性があります。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog