高尿酸血症・痛風とは

高尿酸血症とは

高尿酸血症は尿酸の血漿中の溶解度から定義されています。
性別・年齢を問わず、血漿中の溶解度である7.0mg/dLを正常上限とし、7.0mg/dLを超えるものを高尿酸血症と定義します。

 

健常者の生体内には、通常1200mgの尿酸プールが存在します。1日尿酸産生量は約700mg/日であり、このうち約500mg/日が尿中に排泄され、約200mg/日が糞便などに排泄されます。

 

高尿酸血症はその成因から、尿酸産生量の増加(尿酸産生過剰型)、尿中尿酸排泄能の低下(尿酸排泄低下型)、および両者の混在した混合型の3つに分けられます。

 

痛風とは

痛風(痛風関節炎)は、高尿酸血症が持続した結果として、関節腔内に析出した尿酸塩結晶によって引き起こされる結晶性関節炎であり、高尿酸血症と全く同じ意味ではありません。
 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog