尿酸排泄促進薬

尿酸排泄促進薬

尿酸排泄促進薬は尿中に尿酸排泄が低下している患者さんに用います。逆に尿酸生成が亢進している患者さんに用いると尿酸結石を生じるリスクがあります。
尿酸排泄促進薬には、プロベネシド、ブコローム、ベンズブロマロンがあり、ベンズブロマロンが最も多く用いられ、尿酸を下げる作用を強く示します。

日本のガイドラインでは、尿酸排泄型高尿酸血症の治療に尿酸排泄促進薬がすすめられています。実際、高尿酸血症の約60%は尿中尿酸の排泄が低下していることによる尿酸排泄型なので、尿酸排泄促進薬の投与は理に適っていると思われます。
しかし、尿酸排泄促進薬は短時間にピークのある強力な尿中尿酸排泄作用を示すため、常に尿路結石が発症するリスクがあります。
そのため、尿中の尿酸排泄が増加する時間に十分な水分を摂取し、尿量を増やし、尿中尿酸濃度を低下させる必要があります。さらに尿アルカリ化薬を併用することにより、尿路結石の発症を防ぎます。

腎機能が障害された高尿酸血症患者さんでは尿酸排泄促進薬の効果が弱くなりますので、その効果はあまり期待できません。このようなケースでは、尿酸生成抑制薬で血清尿酸値を低下させる必要があります。
 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog