ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)

当院の医師は日本ヘリコバクター学会の会員です。

 

当院はヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ菌)の治療に力を入れています。

 

ピロリ菌感染胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)の方は日本に3,500万人程度存在すると推測されています。

 

「ピロリ菌感染胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)を治療すること」、すなわち「ピロリ菌を除菌すること」の目的は、「胃がんを予防すること」です。

 

近年の研究で、「胃がんを予防する」ためには「できるだけ若い世代の方にピロリ菌除菌療法を行うこと」が有効であることがわかっています。

当院におけるピロリ菌治療の流れは以下の通りです。

患者さんによって検査のパターンが違いますので、ご自分にあてはまるケースを探してみてください。

何らかの胃の症状がある方

1.胸焼けする
2.胸やのどにつかえる感じがする
3.胃もたれがする
4.胃が重く感じる
5.みぞおちに痛みを感じる
6.胃のあたりに痛みを感じる
7.食欲が低下している
8.胃のあたりに違和感がある…等々

当院を受診する

胃カメラ(内視鏡)を受ける
1.鼻からでも口からでも検査をすることができます。
2.口からの場合、鎮静剤を注射して半ば眠ったような状態で楽に胃カメラ(内視鏡)を受けることもできます。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)を認めた場合、
胃カメラ(内視鏡)と同時にピロリ菌の迅速検査を受ける

ピロリ菌陽性と診断された場合、1週間のピロリ菌除菌療法を受ける
1.除菌成功率90%以上です。
2.平成28年4月の時点で当院における除菌成功率は100%です。
3.除菌療法の詳細についてはこちらもご覧下さい。

 

人間ドックや健診において「ピロリ菌陽性」と指摘された方

1.採血や尿検査でピロリ菌抗体陽性と指摘された方
2.便検査でピロリ菌抗原陽性と指摘された方

当院を受診する

胃カメラ(内視鏡)を受ける
1.鼻からでも口からでも検査をすることができます。
2.口からの場合、鎮静剤を注射して半ば眠ったような状態で楽に胃カメラ(内視鏡)を受けることもできます。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)であることを確認する

すでにピロリ菌陽性と診断されているため、1週間のピロリ菌除菌療法を受ける
1.除菌成功率90%以上です。
2.平成28年4月の時点で当院における除菌成功率は100%です。
3.除菌療法の詳細についてはこちらもご覧下さい。

人間ドックや健診のバリウム検査(上部消化管造影検査)において、 「慢性胃炎を認めるためピロリ菌の検査を受けてください」とすすめられた方

当院を受診する

胃カメラ(内視鏡)を受ける
1.鼻からでも口からでも検査をすることができます。
2.口からの場合、鎮静剤を注射して半ば眠ったような状態で楽に胃カメラ(内視鏡)を受けることもできます。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)であることを確認する

胃カメラ(内視鏡)と同時にピロリ菌の迅速検査を受ける

ピロリ菌陽性と診断された場合、1週間のピロリ菌除菌療法を受ける
1.除菌成功率90%以上です。
2.平成28年4月の時点で当院における除菌成功率は100%です。
3.除菌療法の詳細についてはこちらもご覧下さい。

 人間ドックや健康診断で胃カメラ(内視鏡)を受けて、 「慢性胃炎を認めるのでピロリ菌の検査を受けてください」とすすめられた方

当院を受診する

ピロリ菌の検査を受ける(胃カメラ(内視鏡)は行いません)

ピロリ菌陽性と診断された場合、1週間のピロリ菌除菌療法を受ける

ピロリ菌治療のポイント

1.除菌成功率90%以上です。
2.平成28年4月の時点で当院における除菌成功率は100%です。
3.除菌療法の詳細についてはこちらもご覧下さい。
4.日本には3500万人のピロリ菌感染者がいると推定されています。
5.多くの場合、「ピロリ菌を除菌すること」の目的は「胃がんを予防すること」です。
6.ピロリ菌感染胃炎に対する除菌療法を行うためには2つの検査が必要です。その2つとは、「ピロリ菌感染診断検査」によって「ピロリ菌陽性」と診断すること、および「胃カメラ(内視鏡)」により「胃炎」を認めることです。
7.除菌療法には1種類の「胃酸分泌を抑制する薬」と2種類の「抗菌薬」を使います。治療期間は1週間です。
8.除菌療法の副作用としては、軟便・下痢、味覚障害等があります。
9.当院では除菌療法が終了した8週間後に効果を判定するための検査を行います。この検査は胃カメラ(内視鏡)ではありませんのでご安心ください。
10.除菌成功後も年に1回の胃カメラ(内視鏡)を受けることが望ましいとされています。胃炎の程度によって胃がん発生のリスクが残っているためです。

ピロリ菌およびヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の詳細については以下のコンテンツもご覧ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog