甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能低下症の症状

甲状腺機能亢進症と逆の症状を認めることが多いです。

甲状腺機能低下症でよくみられる症状
  • 徐脈
  • 圧迫痕を残さない浮腫
  • 皮膚乾燥
  • 低体温

 

甲状腺機能低下症は不定愁訴と思われたり、加齢現象として扱われたりして診断が遅れる傾向にあります。

身体所見
  • 徐脈
  • 圧迫痕を残さない浮腫
  • 皮膚乾燥
  • 低体温

 

甲状腺機能低下症は不定愁訴と思われたり、加齢現象として扱われたりして診断が遅れる傾向にあります。

症状や身体所見ではありませんが、以下の疾患から診断されることもあります。
  • 脂質異常症
  • 高CK血症(高クレアチンキナーゼ血症)
  • 肝機能障害(健診で指摘されることも多い)

 

通常、甲状腺腫を認めますが、甲状腺が萎縮していて腫れていないこともあります。

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog