内科

内科一般

内科一般一般的な風邪・インフルエンザ・膀胱炎などの感染症、高血圧、高脂血症、痛風などの生活習慣病についても適切な治療、生活指導を行います。特に、B型肝炎・C型肝炎などのウィルス性肝炎、ヘリコバクター・ピロリ感染症(除菌療法)、花粉症(舌下免疫療法)の診療に力を入れていきます。インフルエンザなどのワクチン接種など各種の健診(特定健診、一般健診など)、予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌など)も行っております。様々な症状の初期診断、治療を行います。体調がすぐれない際は、お気軽にご相談下さい。

消化器内科

消化器内科食道、胃、小腸、大腸などの消化管と肝臓、胆のう、胆管、すい臓などに生じる病気を専門に扱います。腹痛、食欲不振、だるさ、貧血、痩せている、黄疸、吐血、下血などでお困りの方、検診で肝機能異常を指摘された方、検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、膵臓などの検査を希望の方は、消化器科を受診してください。

主な症状

胃のもたれ・痛み、背中の鈍痛(にぶい痛み)、胸やけ、下痢、便秘、血便、食欲不振、体重減少、倦怠感(だるさ)など

当院で診療可能な疾患は次の通りです

内科一般疾患

・花粉症 ・スギ花粉症 ・アレルギー性鼻炎 ・感冒(風邪) ・上気道炎 ・咽頭炎 ・扁桃炎・インフルエンザ ・甲状腺機能亢進症 ・甲状腺機能低下症 ・骨粗鬆症 ・不眠症睡眠時無呼吸症候群・ニコチン依存症

肝臓

・肝機能障害 ・肝機能異常 ・脂肪肝 ・B型肝炎 ・B型肝炎キャリア(B型肝炎ウィルス感染) ・B型慢性肝炎 ・B型肝硬変 ・C型肝炎 ・C型肝炎キャリア(C型肝炎ウィルス感染) ・C型慢性肝炎 ・C型肝硬変 ・急性肝炎 ・慢性肝炎 ・肝硬変 ・自己免疫性肝炎 ・原発性胆汁性肝硬変 ・薬物性肝障害 ・肝嚢胞 ・肝内石灰化 ・肝内胆管拡張 ・肝血管腫 ・肝腫瘍 ・肝細胞癌 ・肝癌 ・転移性肝癌

胆嚢・胆管

・胆石 ・胆嚢結石 ・胆嚢ポリープ ・胆嚢腺筋腫症 ・胆嚢壁肥厚 ・胆嚢腫大 ・胆嚢炎 ・総胆管拡張 ・胆管結石

膵臓

・膵炎 ・急性膵炎 ・慢性膵炎 ・膵嚢胞 ・膵石灰化 ・膵管拡張 ・主膵管拡張 ・膵腫瘍

食道

・逆流性食道炎 ・食道ポリープ ・食道腫瘍 ・食道裂孔ヘルニア

・ヘリコバクター・ピロリ胃炎  ・ヘリコバクター・ピロリ感染症  ・胃潰瘍  ・胃炎 ・急性胃炎 ・慢性胃炎 ・胃ポリープ ・萎縮性胃炎 ・表層性胃炎 ・びらん性胃炎 ・出血性胃炎 ・たこいぼ胃炎 ・機能性ディスペプシア ・胃の術後

十二指腸

・十二指腸潰瘍 ・十二指腸ポリープ

小腸・大腸

・クローン病 ・潰瘍性大腸炎 ・過敏性腸炎(過敏性腸症候群) ・便秘症 ・下痢症 ・便通異常 ・急性腸炎 ・感染性腸炎 ・食中毒

生活習慣病

・糖尿病 ・耐糖能異常(いわゆる糖尿病予備軍) ・高血圧症 ・二次性高血圧症 ・脂質異常症 ・高コレステロール血症 ・高脂血症 ・中性脂肪高値 ・高尿酸血症 ・痛風

腎臓・尿路

・慢性腎臓病(CKD) ・腎嚢胞 ・腎石灰化 ・腎結石 ・腎血管筋脂肪種 ・腎腫瘍 ・水腎症 ・尿路感染症 ・膀胱炎 ・尿潜血陽性 ・尿蛋白陽性

肺・気管・気管支

・気管支喘息 ・閉塞性肺疾患(COPD) ・気管支炎 ・肺炎

他にも、診療可能な疾患があります。もちろん、自覚症状がある場合は早めに受診して下さい。
健診などで指摘されたものの、自覚症状がないため放置していた場合であっても、上記に該当する疾患があれば一度受診をお勧めします。

受診していただいた結果
  • 1. 放置しておいてよい場合
  • 2. 定期的な経過観察が必要な場合(年に1-2回程度の検査)
  • 3. 念のために当院で検査を追加して評価する場合
  • 4. 当院にて治療を開始する場合
  • 5. 専門医のもとで早急に精密検査が必要な場合

上記の1-5が具体的な方針となります。
気になる事がございましたら、お電話でも結構ですので当院にお尋ね下さい。

禁煙外来

禁煙外来「禁煙しようと思ったけど、できなかった」「やめたくてもやめられない」「そのうち禁煙を…」という方も多いのではないでしょうか。
タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
当クリニックでは、タバコに含まれるニコチン切れ症状を軽くし、健康保険等を使った治療スケジュールにて皆様の禁煙のサポートをいたします。今まで禁煙したくてもなかなかできなかった方、これから禁煙してみようと思っていらっしゃる方など、お気軽にご相談ください。
禁煙にチャレンジすることを考えている方へ
治療の流れなど「禁煙外来」について、詳しくご説明しています。

花粉症

花粉症花粉症とは、アレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎を主とするⅠ型アレルギーの典型的な疾患です。
スギ花粉症は増加傾向をたどっており、現在、日本国民の約26%(約4分の1)に認められ、現代の国民病とも言われています。スギ花粉症は生活の質(QOL)の低下に大きく関わっています。
スギ(2~4月)以外では、ヒノキ(4~5月)、イネ科(6~8月)のカモガヤ、オオアワガエリ、キク科(8~10月)のヨモギ、ブタクサが多く、他にシラカバ、オオバヤシャブシなど局地的に認められる花粉症もあります。
花粉症の診療ガイドラインは、日本では「鼻アレルギー診療ガイドライン~通年性鼻炎と花粉症~(2013年版)」が広く用いられています。
花粉症の治療法は、対症療法である薬物療法が主流であり、自然に治りにくく、いったん発症すると毎春症状などに悩まされることが、患者さんの治療満足度が低い理由のひとつになっています。
花粉症の発症について少し専門的言えば、病態としては局所(鼻の粘膜、目の結膜、皮膚など)で抗原認識されたアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して、免疫細胞(リンパ球であるT細胞やB細胞)の反応により抗原特異的IgEが産生されます。これを「感作」と言います。
アレルゲンが再び鼻粘膜に侵入し、免疫細胞上(マスト細胞上)の抗原抗体反応を一次反応にして、メディエーター、サイトカインなどが鼻粘膜中に増加することから病気が始まります。
メディエーターはそれぞれの受容体と結合し、一部はその神経反射によりそれぞれの症状を決定します。
また、サイトカインは鼻粘膜中の遊走細胞をコントロールし、その細胞の特異性に応じて症状を発現します。
つまり、原因となる何らかのアレルゲンによって毎年引き起こされるのが花粉症です。
花粉症の自然治癒はごくわずかであることが報告されています。
治癒の可能性があるのは、アレルゲン免疫療法(皮下免疫療法・舌下免疫療法)のみであり、他の対症療法では毎年治療が必要になります。
また、花粉症の症状は飛散花粉の量により強くなったり弱くなったりします。
花粉飛散予測は確実ではないため、毎年治療予定を立てて実行すると、前年に比べて症状が悪化することは少なくなります。
 

インフルエンザ

インフルエンザインフルエンザはインフルエンザウイルスによる急性感染症であり、毎年冬季に流行を繰り返します。

インフルエンザはかぜ症候群(いわゆる「かぜ」)の一種です。

かぜ症候群は、ウイルスや細菌に感染し発症する病気で、その原因となる病原体は200種類以上あります。

中でも、インフルエンザウイルスは感染すると高熱をはじめ、さまざまな症状が全身に起こり、感染力も非常に強いという特徴があって、他のかぜウイルスと大きく異なります。

インフルエンザは普通の「かぜ」に比べて症状が重く、感染力も強いのが特徴です。

 

 

かぜ症候群とインフルエンザの違い
  かぜ症候群 インフルエンザ
発症時の症状 徐々に悪化 急激に悪化
発熱 なし。あっても37℃程度 38℃以上のことが多い
悪寒(寒気) 軽い 強い
症状・経過 上気道炎症状が中心 全身症状が強い
合併症 少ない 肺炎などが起こり得る
発生状況 散発的 流行する

 

季節性インフルエンザは子どもや高齢者には油断できない病気です。インフルエンザで亡くなる方の大半は65歳以上の高齢者です。小児ではおもな冬の入院原因となっています。
感染力の強さと日常生活への影響の大きさから我々の診療において重要な感染症と考えています。
インフルエンザウイルスの感染は接触感染、飛沫感染、大規模な流行では飛沫核感染(空気感染)も起こります。
インフルエンザは、くしゃみやせきの飛沫から感染するほか、感染している人が触れたつり革やドアノブに接触して感染するケースも多くみられます。
潜伏期は短く、1~3日です。
ウイルスは咽頭から発症後3~5日間は分離されますが、乳幼児では1週間以上にわたってウイルスを排出することもあります。
インフルエンザウイルスは直径100nm程度のRNAウイルスで、A型、B型、C型に分類されますが、大きな流行を起こすのはA型とB型です。
ウイルスはさらに細かく種類がわかれており、A型は100種類以上に分けられます。近年、A型はH1N1とH3N2(A香港型)が流行しています。
A型の特徴は、ウイルスが次々に変異することです。感染症に一度感染すると、原因の抗原(ウイルスや細菌)に対して抗体ができ、次に同じ抗原が体に入ってきたときには抗体が働いて感染を防いでくれます。しかし、A型はすぐに変異するために抗体がうまく働かず、何度も感染しますし、症状も強くなりやすいのです。新型インフルエンザは全てA型です。なお、変異とは、ウイルスの構造の細部が変化し、似ている別のタイプに生まれ変わることです。
B型ウイルスはあまり変異しないので、一度感染した後は抗体がよく働き、二度目の感染からはA型ほどには悪化しません。ただし、初感染の時はA型と同様に強い症状が現れます。B型は遺伝子の系統で呼ばれ、たとえば山形県で最初に見つかったタイプに山形系統という名前がついています。
C型は、A型やB型に比べて症状・感染力ともに弱く、軽い症状で済みます。
A型インフルエンザはヒト以外に、鳥、豚、馬にも感染し、B型はヒトのみに感染します。
 
 

ご予約・ご相談はお気軽に

身体のことでお悩みでしたら、北区天神橋にある天神橋みやたけクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_06-6809-7295.png
  • 人間ドック検診
staff staff blog